大阪府城東区 50代男性 ビル売却の体験談

Sさん(50代男性)
大阪府城東区
物件
ビル
築年数
35年
間取り
地上5階地下1階
専有面積
690.42㎡
売却価格
1億7800万円

Q1:不動産売却を行った物件の都道府県と掲載するお名前、性別、年齢層、その他を教えて下さい

都道府県:大阪府    市区町村:城東区
お名前:S      
性別:男性
年齢:50代

Q2:不動産売却した物件の詳細を教えて下さい

物件(該当に○):一戸建て、マンション、土地、ビル、マンション一棟、〇その他
(   ビル    )
築年数:1986年
間取り:地上5階地下1階建
専有面積:使用部分面積 690.42m2 土地面積 162.57m2
売却価格:1億7800万円

Q3:物件を売却された経緯を教えて下さい

不動産運用 投資 テナント 相続 売却

私自身は不動産運用や投資の経験が浅いため、相続してビル経営するよりは売却を選択したということです。
所有ビルは親からの相続なのですが、テナント空室が結構あり、いろいろ対策したりコンサルティングに入ってもらってビルを満室にするため対策を考えた時、場所的にもそこまで期待できそうになかったので、売却してしまったほうが良いのかなと考え売却という決断をしました。

Q4:売却して良かった点を教えて下さい

相続の関係もあり、ビルを売却して清算した方が様々な手続きが少なく終えられた事ですね。
不動産相続は何かと大変なイメージもありました。
ビルは一般的なマンションや戸建ての売却とは違い、すぐに買手が見つかる事があまりないと聞いていました。
だから立地が特別良いわけではない場合、急ぎで売ってしまうと金額も安くなってしまうみたいです。
今回は早めに買取希望もあって、精神的にも安心してスムーズに進められたのでよかったです。

Q5:売却して後悔した点を教えて下さい

親からの相続物件ですので、物件に愛着やいろいろな想いもあったかもしれません。
気持ちを汲んで運営した方が良いかなと考えた部分もあり、その点に関しては後悔に似た気持ちは少しありました。
あとはある程度、売却計画を立てるよりは、売ってしまおうと思ってから短期間で進みました。
もう少し売却する金額を高くするための対策などはしても良かったかもしれません。
ただお金を優先するあまり、何かトラブルになってしまうよりは、早くビルを処理できたことは良かったのかなと思っています。

Q6:売却担当者の対応等はどうだったか詳しく教えて下さい

売却の担当者さんはすごく良い方でした。
優しい人でした。
何もかも初めての経験で右も左も分からなかったのですが、 ビルの売却に対して必要な知識を色々教えてもらいました。
早めに売却したい事を優先してほしいとお伝えしましたが、金額の方もきちんと考慮して頂きながら交渉していただいたことも嬉しく思っています。
また譲渡所得税や売却益に関する税金の事を詳しく説明していただきました。
国税庁のホームページも見たのですが、理解できない部分も多く、丁寧に説明していただいて安心できました。

Q7:内覧を行った方で何か気をつけた点やアドバイスがありましたら教えて下さい

内覧に関しては、ビル売買の取引経験がない方はどこから見ていいかわからないと思います。
見た目の綺麗さなどはあると思いますが、まずは修繕履歴を確認しましょう。
修繕した箇所と費用などを教えていただきながら内覧をした方が良いと思います。
後はオーナーチェンジする際に修繕が必要な箇所、連絡事項などをテナントにきちんと事前に通達するようにしておけば問題ないかと思います。
レントロールを見せてもらいながら内覧するとよいですね。

Q8:不動産業者の対応は如何でしたでしょうか?

不動産業者 媒介契約 ビル 相場 売買 経験 評判

媒介契約も詳しく説明してくれて、契約内容についても理解しながら進める事ができました。
ビルの売却相場は相場金額がつかみにくいところもありますか、相場観を丁寧に説明もしてくれていましたし、ビル売買の経験もあるとの事でトラブルなくスムーズに進めることが出来たと思っています。
インターネットで会社概要を少し確認させていただきましたが、評判の良い会社ということでご依頼できてよかったと感じております。

Q9:売却を検討している方にアドバイスをお願い致します

ビル売却 アドバイス 資料 修繕履歴 メンテナンス 管理会社 同意書 テナント 事前確認

ビルを売却する方がおりましたら、一般住宅と一緒で難しいことはないのですが、確認する部分は幾つかあります。
きちんと検討資料の一式を全て把握することが必要になると思います。
レントロールはもちろん修繕履歴や光熱費やメンテナンスや管理会社など資料を用意するため、やはり一般住宅よりは面倒なことも多いのが現状ですね。
そこはしょうがないと思います。
また入っていらっしゃるテナントの方々への対応に不備があると大変になる時もあると思います。
新しいオーナーに引き継ぐ場合でも、きちんとテナントの方々に事前通知をしておくこと。
場合によってはオーナーチェンジの同意書が必要な場合もあります。
通知書と同意書をきちんと用意して進めておくことが良いと思います。
また敷金の精算などもきちんと新しいオーナーやテナントの方に取り決めておく必要がありますので忘れないようにしましょう。
後は売却時に必要な税金や清算金などに関しては、テナントに入られている方などの状況によると思いますので賃貸借条件は事前に確認はしておいた方が良いと感じています

関連記事

人気記事