埼玉県川越市 40代男性 一戸建て売却の体験談

Nさん(40代男性)
埼玉県川越市
物件
一戸建て
築年数
11年
間取り
4LDK+S(納戸)
専有面積
105.3㎡
売却価格
1370万円

Q1:不動産売却を行った物件の都道府県と掲載するお名前、性別、年齢層、その他を教えて下さい

都道府県:埼玉県   市区町村:川越市
お名前:N     
性別:40代
年齢:男性

Q2:不動産売却した物件の詳細を教えて下さい

物件(該当に○):○一戸建て、マンション、土地、ビル、マンション一棟、その他
(       )
築年数:2010年
間取り:4LDK+S(納戸)
専有面積:土地面積225.84m2(68.31坪)建物面積105.3m2(31.85坪)(登記)
売却価格:1370万

Q3:物件を売却された経緯を教えて下さい

戸建 実家 住み替え 利便性 目的

前の家を売った目的は、住み替えのためです。
当時私たち家族にとって、住み替えが必要だと感じた変化が2つありました。
まず1つめは、実家の両親が心配になってきたことです。
今のところ元気なのですが、周りを見ていると介護の話をよく聞いたので、自身にも身近に感じ始めました。
それを受けて2つめは、今後はもっと便利な方がいいと思い始めました。
前の家は部屋数も多くて広かったのですが、駅までバス便というのがネックでした。
病院通いや手続きなどが増えることを考えたら、公共施設がある中心部になるべく近い方がいいのではないかと気づきました。
そのタイミングで上の子も独立するので、部屋が減ることも問題はないと分かって話し合ったら、住み替えが最適だという結論に至りました。

Q4:売却して良かった点を教えて下さい

売却して良かった点として一番思ったのは、安心感を得られたことです。
実は先日、父が骨折し大変な思いをしましたが、すぐに駆け付け病院に連れていけたので大事に至らずに済みました。
その時に感じましたが、移動が便利になった点はとてもありがたいです。
父は今リハビリで通院していますが、病院が近いのは大きな安心材料ですね。
それまでは街に出るには歩くと遠くて大変でしたが、今はどこに行くのも便利で、移動による精神的ストレスはずいぶん減りました。
そして、健康のためにも良いという思わぬ副産物もありました。
歩くことが増えて夫婦ともに体重が減り、会話の機会も増えました。
親孝行できて自分たちまで健康になれる、まさに二重のメリットを得られました。

Q5:売却して後悔した点を教えて下さい

売却したばかりの頃は、慣れないことが多くて大変でした。
私たちの場合は住み替えで部屋が少なくなったので、引っ越し当初はとても狭く感じていました。
それに取引中には手続きのため、ある程度の労力は必要でした。
書類集めのほか、内覧の準備、引き渡しと引っ越し、金銭のやり取りなどやることがたくさんありました。
さらに子供から実家がなくなったと寂しがられた時は、こちらも少し切ない気持ちになりました。
このように若干後悔した部分はありますが、新しい暮らしに慣れていくにつれ、今は特に気になることはありません。
家は狭くなっても住むためには十分なスペースですし、それに掃除も楽になりました。
また幸いにも営業担当者さんのおかげで、大きな売却損がなかったのが救いでした。

Q6:売却担当者の対応等はどうだったか詳しく教えて下さい

直接営業担当をして下さったのは、私と同世代くらいの方でとても頼りになりました。
私の場合は住みたいエリアがあらかじめ決まっていましたが、それでも3件くらいは店を廻りました。
販売額が会社によって100万円くらい違うから、比較した方がいいというアドバイスを参考にしたのもありました。
実際に3つの店で見積もりを頂いたところ、確かにそのくらいの差分はありましたが、私が決めたのは一番高いところではありません。
3人の担当者を連絡の早さ、レスポンスの正確さ、こちらに寄り添ってくれそうな誠意を比較しましたが、一生に一度の大きな取引なのでこれらの点では妥協しませんでした。
自分が選んだ人はこちらの疑問にすぐに答え、また分からないことについては素直に認め、後日きちんと調べて必ず連絡をくれました。
さらにこの担当者さんもご自身の家を売却した経験があるとのことで、私たちの目線で対応してくれたと改めて感じました。

Q7:内覧を行った方で何か気をつけた点やアドバイスがありましたら教えて下さい

内覧 清掃 準備 買い替え 好印象

内覧で気を付けたのは、この家なら買いたいと思っていただくことでした。
自分が家を買うことをよくシミュレーションし、買主の目線になることが大切です。
一番気を付けたのが室内の環境、清潔で明るく広く見せることでした。
そのためのハウスクリーニングや証明器具の買い替えなど、多少の出費はありました。
売主さんがいい人だと買いたくなる心理が働くと聞いたので、営業担当の人と打合せし、準備は念入りに行いました。
ただし売りたい気持ちが前面に出るのはNGなので、私たちは室内の設備の使い方や周辺環境について、できるだけ事実中心に説明だけしました。
買主さんが実際の物件を見られるのは内覧の時だけなので、相手にいかに好印象を与えるかがポイントです。

Q8:不動産業者の対応は如何でしたでしょうか?

不動産会社の対応には、大変満足しています。
私を担当したのはベテランの営業マンでしたが、部下の人に対しても丁寧に指示をしている姿を見て、きちんとした会社なのだと思いました。
そのためかスタッフの皆さん感じが良くて、担当者さんが不在で待っているときでもお茶を出したりともてなしてくれました。
ちなみに新しい家を買うのも、同時並行で依頼しました。
そのアフターサービスとして定期的に連絡をくれますが、その際にも困ったことがないかどうか、丁寧にヒアリングしてくれる安心感もあります。
取引をしたら終わりではなくその後もフォローしてくれるので、リフォームなどの必要を感じた時はまた頼みたいと思います。
もし売却を考えている友人がいたら、この会社を紹介したいと思っています。

Q9:売却を検討している方にアドバイスをお願い致します

不動産 売却活動 検討中 アドバイス 

私が不動産売却を成功させた理由は、時間に余裕を持って取り組んだことだと思ってます。
時期と売却金額はもちろんですが、目的とメリットについて、家族とじっくり話し合う時間の方がむしろ必要だからです。
また、ある程度計画が立てられたら不動産会社を選びますが、やはり営業の方の対応を観察することをオススメします。
最終的には営業担当者の人柄で決めるほうが後々まで気持ちよい取引ができます。
売却計画がより具体的になったら内覧への準備をしっかりすることです。
買主さんが物件を見る一度きりのチャンスなので、多少の出費は必要です。
金額の大きな取引になるので焦らないこと、慎重に進めていった結果、私たちは満足いく売却活動ができました。

関連記事

人気記事